ヘモグロビンa1c・血糖値を下げたい人必見!飲み物・お茶特集

ヘモグロビンa1cや血糖値が気になりだした時におすすめの飲み物

血糖値が気になる人に人気のお茶です。
その中でも特に人気の「白井田七・茶」と「緑茶習慣」を比較してみました!

  白井田七・茶 緑茶習慣
 
お試し・1か月のみ 3,728円(税抜) 3,000円(税抜)

(安値)

定期初回購入

1,980円(税抜)
47%OFF(安値)

2,400円(税抜)
毎月20%OFF

定期2回目以降

2,982(税抜)
毎月20%OFF

2,400(税抜)
毎月20%OFF(安値)

解約手数料 なし

いつでも解約OK
次回予定日10日前までに連絡

なし

いつでも解約OK
次回予定日10日前までに連絡

送料/代引き手数料 無料 無料
成分 完全オーガニック

サポニン・カテキン

難消化性デキストリン

茶・ポリフェノール

花粉症対策 花粉症対策にもおすすめ。

白井田七・茶 花粉

花粉症対策にもおすすめ。

白井田七・茶 花粉

 

公式HPへ

公式HPへ

伊藤園・緑茶習慣

伊藤園・緑茶習慣
伊藤園・緑茶習慣
「難消化性デキストリン(食物繊維)」と「茶ポリフェノール」のW成分!
食後の血糖値上昇を抑制し、糖の吸収をおだやかにします。
トクホ獲得の、血糖値対策に超おすすめのお茶になります。

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)を摂取

小腸粘膜の糖の吸収を抑制する働きがある

急激な食後血糖値の上昇を抑えます。

お茶に含まれる「茶・ポリフェノール・カテキン」は花粉症対策にもおすすめ
伊藤園・緑茶習慣の詳細はこちら

 

白井田七(田七人参)のお茶

白井田七・お茶 口コミ 評判

 

白井田七・お茶 口コミ 評判
今、血糖値・ヘモグロビンa1cを下げたい方々から非常に人気なのが、白井田七.茶です。
糖尿病で怖いのは合併症ですが、それを引きおこす原因となる物質AGEを防ぐ効果のあるカテキンと、高血糖を抑制する作用がある「サポニン」と「パナキサトリオール」が一緒にとれるお茶です。
ホットでも冷たくても美味しく飲むことができます。また、完全有機栽培のため安心して飲むことができます。お茶に含まれるカテキンには血液サラサラ作用もあり、ダイエットにもコレステロール対策にもおすすめなのです。
お茶の名産地静岡の大地で育った厳選された高級茶がリーズナブルなお値段で通販できるのも人気の理由です。
花粉症対策にもおすすめ。
花粉症対策 白井田七・茶

 

白井田七のお茶はこちら

 

コーヒー


朝や食後にコーヒーを飲む人も多いのではないでしょうか。実はコーヒーに含まれるクロロゲン酸には、ヘモグロビンa1cの上昇を抑える効果があることが分かっているのです。実際にハーバード大学の研究で、コーヒーを飲む習慣のある人とない人ではコーヒーを飲んでいる人の方が糖尿病の発症率が低いというデータが出ました。しかし砂糖を加えると糖尿病になりやすくなります。砂糖なしのコーヒーを1日3~4杯飲む習慣を付けるといいですね。ちなみに飲むタイミングとしては食前が望ましいです。これは食後の血糖値の上昇を防ぐためです。
砂糖の代わりに、植物由来の天然甘味料ラカントSならば問題無いでしょう。コーヒーをさらに詳しく
植物由来の天然甘味料ラカントS

 

オリゴ糖紅茶(生姜入り)


甘いものを感知すると腸から「インクレチン」というホルモンが分泌されます。このインクレチンが分泌されるとインスリンも分泌されます。しかし同時に血糖値も上げてしまうのです。
つまり、血糖値を上げにくくする甘みを感知させればいいのです。そんなときにオススメなのがオリゴ糖です。オリゴ糖は糖質なのですが、吸収率がかなり低い甘味料です。紅茶に混ぜてオリゴ糖紅茶にすると摂取しやすいのではないでしょうか。
食前に飲むことでインクレチンが分泌され、インスリンの準備が出来ますね。ここにしょうが入りの紅茶などもスーパーで手に入るので
しょうが紅茶+オリゴ糖で、生姜の脂肪燃焼作用などを食前に飲むのはおすすめです。
オリゴ糖紅茶(生姜入り)

 

緑茶豆乳

緑茶豆乳
緑茶と豆乳を合わせた飲み物で、恐ろしい合併症を防ぐことが出来ます。
そもそも合併症を引き起こす原因としてAGEという悪玉物質が挙げられています。AGEは健康な人の身体でも作られる、たんぱく質と糖が合わさったものです。
ただし糖尿病患者の場合は過剰にAGEが作られます。AGEが身体のあらゆる場所で作られると合併症の恐れだけでなく、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす可能性もあるのです。
そんなときに良いのがビタミンB1とB6です。これらはAGEの発生を抑えたり減らすことが出来ます。
ビタミンB1とB6を含むものに大豆や豆乳などがあります。そして、緑茶に含まれるカテキンにもAGEの発生を防ぐ作用があるので、その2つを組み合わせた「緑茶豆乳」がオススメなのです。

作り方

豆乳の中に緑茶の粉末を混ぜるだけで出来ます。毎日1~2杯飲むのが望ましいですね。粉末はミキサーのミルなどでも簡単に作れます。

 

健茶王

健茶王
健茶王とはカルピス(アサヒ)から発売されている特定保健用食品で、血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。実際の研究でご飯300gと健茶王を摂取したところ、飲んでいない人に比べて食後の血糖値の上昇がゆるやかになったことが分かりました。これは健茶王に含まれる「難消化性デキストリン」という食物繊維に糖の吸収を穏やかにする作用があるからです。
ウーロン茶タイプと緑茶タイプ、黒豆黒茶タイプがあるので自分に合ったものを選んでみてくださいね。毎食の食事中~食後15分までに飲むことが最適です。ただし低血糖の治療中や薬での治療中の人は予め医師に相談しましょう。

 

蕃爽麗茶

蕃爽麗茶
蕃爽麗茶とはヤクルトから発売されている特定保健用食品で、グアバ茶に含まれるポリフェノールが糖の吸収をゆるやかにしてくれます。実際の研究で、ご飯と共に白湯を飲んだ人とご飯と共に蕃爽麗茶を飲んだ人を比べると、蕃爽麗茶を飲んだ人の方が食後の血糖値が大きく下がったころが分かりました。
200mlの紙パックタイプから2000mlのペットボトルまであるので、シーンに合わせて飲めそうですよね。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について