日本糖尿病療養指導士とは?受験や合格率、仕事内容について

日本糖尿病療養指導士とは?

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)とは、糖尿病治療には最も重要とされる自己管理を患者に指導する、高度で幅広い専門知識をもった医療スタッフのことをいいます。

 

現在、日本では糖尿病患者の数は増え続けていますが、その数と比較すると糖尿病専門医は少ないという背景から、医師の指示のもと患者により専門的な指導を行うことができる資格が、糖尿病療養指導士としてできました。

 

糖尿病療養指導士には、「地方の糖尿病療養指導士」と「日本糖尿病療養指導士」の2種類あり、地域によって独自に受験資格が定められている「地方」の「糖尿病療養指導士」の方が受験資格の緩和等の理由から、合格しやすいという特徴があります。

 

日本糖尿病療養指導士は、より難しい資格となりますので、地域に関係なく通用します。

 

日本糖尿病療養指導士になるために必要なこととは?

糖尿病の療養および生活指導におけるスペシャリストになるためには、以下のことをおさえておきましょう。

 

受験資格

受験するには、看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士のいずれかの資格を持っていることが条件となります。
准看護師や栄養士は、まず正看護師・管理栄養士の資格を取得してからの話となります。

 

さらに、下記1〜3の条件をすべて満たしている医療機関で、現在または過去10年以内のうち2年以上継続して糖尿病患者の療養指導業務に就き、通算1000時間以上従事していなければなりません。

  1. 当該施設に勤務する医師が、日本糖尿病学会専門医もしくは、日本糖尿病学会の会員で糖尿病の診療と療養指導に従事しており、糖尿病療養指導にあたり受験者を指導している
  2. 外来で糖尿病患者の診療が恒常的に行われている
  3. 糖尿病の患者教育や食事指導が恒常的に行われている

そして、糖尿病療養指導業務に従事した期間中に当該施設で携わった糖尿病療養指導の自験例が10例以上あることや、必糖尿病療養指導士認定機構が主催している講習会を受講し修了証を取得している必要があります。

 

合格率

合格率はその年により、かなりのバラつきがあり、70〜90%程度です。
マークシートタイプの試験だけで、合否が決まる訳ではなく「自験例10例の提出」が合否の鍵を握っているようです。

 

更新手続きについて

認定更新は5年毎になっており、一度資格を取得してしまえば、終わりとはなりません。
更新手続きを行う場合には以下の条件があります。

  • 糖尿病療養に従事していること
  • 更新用の講習を受講していること
  • 更新に必要な研修単位を取得していること
  • 自験例を10例以上提出していること

この条件をすべてクリアしていないと更新することはできないのです。

 

日本糖尿病療養指導士とは、どんな仕事をするの?

糖尿病の臨床において、生活指導のスペシャリストでありますから、生活習慣の見直しや運動療法・食事療法の他に、将来起こり得る合併症についても予防できるように、アプローチを行っていく必要があります。
糖尿病患者と専門医の数を比較すると、糖尿病専門医の数が圧倒的に少なく糖尿病患者に対しキチンとした医療やケアが提供できないことが予測されます。
ですから糖尿病療養指導士は専門医の負担を軽減するという役割もあります。
詳しくはこちらの公式サイトでご確認下さい。
日本糖尿病療養指導士
5回日本糖尿病療養指導学術集会

 

まとめ

「糖尿病療養指導士」という資格で募集されることは、殆ど見かけたことがありませんが、持っていないより、取得していた方が自分にとっても患者さんや病院にとってもメリットにはなる資格ではあります。
しかし、資格を持ち続けるには、相当なモチベーションが必要であることもお分かり頂けたでしょうか。

 

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について