糖尿病向けの食事って大変!具体的なおすすめレシピをご紹介します 

糖尿病の食事で大切なこと

楽しんで食べる

食事制限であれもダメ、これもダメ!と禁止してばかりいると、食べることはおろか生きることすら辛くなってしまいます。それほど食事は人生において大切なものです。
大切なのはうまく工夫しながら楽しんで食べることです。我慢しすぎず、そして食べ過ぎず、バランスを保っていきましょう。

 

食物繊維をたくさん摂る

食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく、ゆるやかに消化するので血糖値の急上昇を防ぐことができます。出来れば一番最初に食物繊維をたっぷり摂る習慣を身につけましょう。

 

糖質を減らしすぎない

糖尿病=糖質を摂りすぎないと思われがちですが、糖質を極端に抜いてしまうとエネルギー不足になり、脳の働きなども悪くなってしまいます。
栄養バランスを考えた食事にしましょう。

 

糖尿病でも美味しく食べられるおすすめレシピ

豆腐とひき肉のミートソーススパゲティ

スパゲティはソースがこってりしたものが多いのでカロリーも気になりますよね。しかしラーメンやうどんといった他の麺類よりも、スパゲティはデュラムセモリナ粉を使っているのでGI値が低いと言われています。つまり小麦粉よりも消化がゆるやかなのです。
そしてこのミートソーススパゲティは豆腐を使っているので血糖値の上昇を抑えてくれますし、玉ねぎが血流を良くしてくれますよ。
~材料~
スパゲティ(1.5mm)…100グラム
豚赤身ひき肉…70グラム
絹ごし豆腐…1/3丁(100グラム)
玉ねぎ…1/3個弱(70グラム)
塩…適量
トマトケチャップ…大さじ2+2/3
しょうゆ…小さじ1弱
パセリ…少々

 

~作り方~
1、たっぷりの熱湯に塩を入れてスパゲティを茹でる
2、豆腐は水切りをし、玉ねぎはみじん切りにする
3、フライパンにひき肉と豆腐、玉ねぎを入れて火にかけて混ぜる
4、3にトマトケチャップとしょうゆを加える
5、茹でたパスタを湯きりして器に盛る
6、完成したソースをのせて、刻んだパセリをのせて完成

 

牛肉とかぶのソテー 粒マスタードソース和え

牛肉もカロリーが高くて避けてしまいがちですが、実は牛肉の赤身にはミネラルがたくさん含まれています。そして特に女性に必要な鉄分も含まれていますよ。かぶに牛肉のうまみが染み込み、レストランのような本格的な味が楽しめます。

 

~材料~
牛もも肉(赤身・かたまり)…150グラム
かぶ…小3個(180グラム)
かぶの葉…1株分(50グラム)
おろしにんにく…少々
塩コショウ…少々
オリーブオイル…大さじ1/2
白ワイン…大さじ1
粒マスタード…大さじ1

 

~作り方~
1、牛肉を5ミリほどの厚さで一口大に切り、おろしにんにくと塩こしょうで下味をつける
2、かぶは葉を切り落として半分に切る。葉は3センチに切る
3、フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、牛肉とかぶの両面をこんがりするまで焼く
4、白ワインを加えた後お湯1/2を加えてふたをし、かぶが柔らかくなるまで蒸し煮にする
5、かぶの葉を加えて火が通ったら煮汁に粒マスタードを入れて全体にからめる
6、塩こしょうで味を整えたら完成

 

ゆでキャベツのゆかり和え

一番最初に食物繊維を摂ることで血糖値の急上昇が防げます。このキャベツのゆかりあえならサッと出来上がるのでおすすめですよ。
~材料~
キャベツ…3枚(150グラム)
ゆかり…小さじ1/2
~作り方~
1、キャベツを一口大に切って電子レンジで2~3分加熱する
2、ゆかりを和えたら完成

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について