糖尿病とお酒の正しい付き合い方!適量を飲めば百薬の長!?

糖尿病でもお酒を飲んでいいの?

糖尿病 お酒
薬用の養命酒があったり「酒は諸刃の剣」と言われているように、適量のお酒であれば健康に良いという説もあります。実際に1日1杯の赤ワインを飲む人は、全くアルコールを飲まない人に比べて糖尿病の発症率が4割も低いことが分かっています。おそらく赤ワインによるポリフェノールのおかげだと考えられています。
ただし飲み過ぎが続いていると、あらゆる身体の場所に不調が出てしまいます。アルコールは高カロリーですし、食欲が増進されたり中性脂肪が高くなる恐れがあるのです。他にも空腹時に飲むことで低血糖発作を起こすこともあります。
そのため既に糖尿病を患っている人は基本的には禁酒することが推奨されています。

 

糖尿病でもアルコールを飲んでいい人とは

しかしながら、次に挙げる人は条件を守れば飲んでもいいとされています。

  • 血糖コントロールが長期間良好で安定していること
  • 体重が標準、標準以下であること
  • 合併症や飲酒制限が必要な病気を患っていないこと
  • 飲酒の量をきちんと守れる自制心があること
  • 心臓病や脳梗塞、肝臓、膵臓の疾患がないこと

などが挙げられます。なかなかこれら全てに当てはまることは難しいですよね。まずは事前に医師に相談してみましょう。
そしてお酒によって糖質やカロリーが違うので、種類と適量をしっかり覚え、それをちゃんと守りましょう。また週に1~3回の休肝日(アルコールを飲まない日)を作るのがベストです。

 

お酒の種類と目安量

ビール

乾杯として一杯目にビールを飲む機会は多いですよね。しかしビールは糖質が多いので気をつけましょう。目安は中ビン1本(500ml)までに抑えることです。

日本酒

日本酒はお米から出来ているので糖質が一番多いお酒だとも言われています。実際に100ml中3.6グラムほどの糖質が含まれています。ビールは3.1グラムなので糖質はビールより多いですね。
お正月などのおめでたいときに飲む機会が増えると思いますが、食べ物の糖質も考えて少量にしておきましょう。身体を温めるために熱燗で飲むこともおすすめします。
目安は日本酒だけを飲む場合、1合までに抑えましょう。

ワイン

ワインは先ほど説明したように、含まれているポリフェノールで活性酸素が抑えられる効果も確認されています。確かにビールや日本酒に比べると糖質は少ないですが、1.5グラムは含まれているので気が大きくならないように気をつけましょう。
目安はワインだけを飲む場合、グラス1.5杯までに抑えましょう。

焼酎

蒸留製法の本格的な焼酎は糖質もプリン体も含まれていません。そのため居酒屋に行ったとき1杯目はビール、次からは焼酎に変えるのがおすすめです。
ただしアルコール度数は高めです。焼酎だけを飲む場合、0.6合までに抑えましょう。

ウイスキー

同じくウイスキーも糖質が含まれていません。そしてアルコール度数は40~43%とかなり高めです。ウイスキーだけを飲む場合、50mlまでに抑えましょう。

 

お酒と正しく付き合うために

仕事とプライベートを分ける

仕事の場合は付き合いもあるでしょう。そして飲みたくないお酒の場合もあるでしょう。うまく飲んでいるふりをして、お酒に飲まれないようにすることが大切です。
プライベートのときも気が大きくならいように気をつけましょう。

おつまみの種類を考える

お酒に合う食べ物はカロリーが高いものや塩分が高いものが多めです。なるべく野菜や大豆製品、海藻、酢の物などを食べるようにしましょう。

お酒の買い置きはやめる

買い置きをすると飲み過ぎてしまいます。その日に飲む分だけを買うようにしましょう。

翌日のフォローも

仕事の付き合いで1日の適量を超えてしまった場合は翌日にフォローしましょう。休肝日にし、食事も更に気を遣いましょう。特に抗酸化作用が強い野菜やフルーツの生ジュースをとったり、野菜中心の低カロリーな食事がおすすめです。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について