妊娠糖尿病とは?原因と症状〜検査方法と診断基準・おすすめおやつ

妊婦糖尿病とは?

妊婦糖尿病

 

妊娠中に発症、もしくは発見された糖代謝異常のことを言います。糖尿病まではいかないが、通常よりも血糖値が高い場合に診断されます。糖尿病と呼ばれるくらいの高血糖であったり、妊娠する前から糖尿病を患っている人は「糖尿病合併妊娠」と呼ばれます。
私は甘い物をそんなに食べないから大丈夫と安心してはいけません。妊婦さんの約8人に1人が妊娠糖尿病になるというデータもあるのです。
血糖が高くなると血管がもとくなり、胎盤に悪影響を与えます。

 

原因

妊娠中は普段よりもインスリンが効きにくくなります。妊娠するとお腹の赤ちゃんにブドウ糖を分け与えないといけないのですが、お腹の赤ちゃんが大きくなるほど胎盤からインスリンを抑制するホルモンが出てしまったり、インスリンを壊す酵素が作られてしまうのです。
その結果、高血糖に繋がります。
他にも食べ過ぎや肥満、遺伝、高齢出産、以前に大きな赤ちゃんを産んだことがある、原因不明の流産・早産・死産の経験がある、羊水過多なども関係していると言われています。

 

症状

初期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴です。進行していくうちに喉がやけに乾いたり、トイレの回数や量が増える、倦怠感、といった糖尿病の症状が現れます。
厄介なのは、妊娠中はもともとお腹の赤ちゃんによる圧迫で頻尿になる人が多いことです。そのため多くの人は妊娠中の検査で発覚します。

 

胎児への影響

高血糖が続くと流産や早産のリスクが高まります。他にも巨大児、低出生体重児、先天性奇形、子宮内胎児死亡、心臓肥大、電解質以上、黄疸、新生児低血糖症、呼吸障害、多血症になることもあります。

 

合併症

妊娠高血圧症候群や羊水過多症、肩甲難産、網膜症、腎症、尿路感染症などです。

 

検査方法

定期的な妊婦検診でも分かります。特に妊娠初期は血液検査が必須なので、そのときに血糖値も測ってもらえます。
妊娠初期は食事時間に関係ない「随時血糖検査」、妊娠中期は随時血糖検査もしくは経口ブドウ糖負荷試験という、50グラムのブドウ糖を飲んで1時間後に血糖値を測る検査が推奨されています。
血糖値が一定以上を超えると尿検査でも判明します。

 

診断基準

75グラムブドウ糖負荷試験において空腹時の血糖値が92mg/dl以上である、
もしくは1時間値が180mg/dl以上であるか、
2時間値が153mg/dl以上のどれかに当てはまると妊娠糖尿病と診断されます。

 

予防法・対処法

妊娠初期に、こまめに血糖をはかることが大切です。最初は陰性でも妊娠が進んでいくとインスリンが効きにくくなります。
普段の生活では食事療法が大切です。一般的に糖尿病の患者さんは運動療法も勧められますが妊娠中はそういう訳にはいきません。ですので糖質の量を管理したり野菜から食べるようにする、食物繊維を摂る、1日少量づつの食事を6回に分けて摂る、といった工夫がおすすめですよ。

 

薬での治療

もし薬での治療が必要な場合、妊娠中はインスリン療法のみになります。インスリンは胎盤を通らないので赤ちゃんに悪影響はありません。
参考:日本産科婦人科学会東京女子医科大学病院

 

妊娠糖尿病でも食べられるオススメおやつ

食べづわりがあると、何かを口にしていないと気持ち悪くなりますよね。そして吐きづわりの人も食べられる物が限られてきます。
そんなときでも食べられるおすすめおやつをご紹介します!

 

ゼリー

ゼリーは気軽につるっと食べられるのでつわりの人にもすごくおすすめです!そして糖質を含んでいないものもたくさんあります。中にはジュースや牛乳を使って手作りする人もいるようです。
ゼリーに含まれている寒天は食物繊維も豊富なので、妊娠中に悩みがちな便秘改善にも良いですね。

 

ヨーグルト

何も味がついていないものを選びましょう。そこにハチミツやドライフルーツを入れるのがおすすめです。最近はヨーグルトの種類(乳酸菌の種類)によって様々な効能があると言われています。ぜひ自分に合ったヨーグルトを選んでみてくださいね。自家製でカスピ海ヨーグルトを作る人も多いようです。

 

カロリーコントロールアイス

アイスが食べたくなったときや、つわりがひどいけど冷たいアイスなら食べられそうだというときはグリコから発売されているカロリーコントロールアイスがおすすめです。砂糖は無使用なのに美味しいと評判なようです。豆腐を使っていたり、食物繊維がたくさん入っているところも魅力ですね。バニラ味やチョコ味など様々な味があるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

出産したら治るの?

妊娠によって発症した糖代謝異常なので、出産するとインスリンの分泌も通常になります。しかし妊婦糖尿病になる人は元々高血糖になりやすい体質という可能性もあります。そのため定期的に検査することをおすすめします。

 

元々糖尿病を患っている人の場合

まずは妊娠して良い状態なのかを医師に確認しましょう。血糖コントロールについて、糖尿病合併症についてなどです。赤ちゃんのためにも自分のためにも、しっかり計画を立てることが大切です。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について