ミトコンドリア糖尿病とは?その診断基準・症状・治療・遺伝など

ミトコンドリア糖尿病って何?

ミトコンドリアは、全身の細胞の中にあり、エネルギーを産生する働きを持っているため、このミトコンドリアの働きが低下することで、細胞の働きが悪くなりさまざまな症状をきたすことになります。

 

またミトコンドリアは、活性酸素の発生やアポトーシス(細胞死)、カルシウムイオンの貯蔵や感染防御などにも関わっています。

 

ミトコンドリアの機能低下や異常が原因である病気を総称してミトコンドリア病といい、糖尿病症状が出るものを「ミトコンドリア糖尿病」脳の神経細胞に影響が出れば「ミトコンドリア脳症」といい症状により病名がつけられています。

 

ミトコンドリア糖尿病の診断基準・症状・治療とは?

代表的なミトコンドリア病の形は、中枢神経症状を基準に診断されますが、実際には他の症状も併せ持っているいる場合が多く見受けられます。

 

ミトコンドリアの異常がどこで起きているのかによって、症状が多様にあり確定診断までには時間を要する場合もあります。

特徴的な症状

  • 進行性の筋力低下、または外眼筋麻痺がある
  • 知的退行や記銘力障害、痙攣・失語・失認・失行がある
  • 心筋症などの心疾患や腎症状の他に強度の貧血や肝機能障害がある

 

ミトコンドリア糖尿病は遺伝子の3243番目に異常がある場合にインスリン分泌に障害をきたし発症しますが、高血糖症状など有効な治療法が確立されていますので、糖尿病の治療法に基づいて治療されます。

 

ミトコンドリア糖尿病は若年で発症する場合が多く、進行が早く他の糖尿病よりも合併症が多い特徴があります。
ビグアナイド薬やチアゾリジン薬は、1日の血糖値を全体的に下げる飲み薬です。

 

ミトコンドリア糖尿病の特徴に、低身長・難聴は遺伝も関係するの?

 

ミトコンドリア病は母系遺伝のため、ミトコンドリア糖尿病と診断された場合は、その方の母親の半数が糖尿病です。

 

ミトコンドリア病の特徴である筋力低下や外眼筋麻痺・知的退行や記銘力障害・心疾患や腎障害などの他に、低身長や甲状腺機能低下症・強度視力低下・感音性難聴なども症状も出現する場合があります。

 

ただし、ミトコンドリア糖尿病の場合には、筋や脳への障害は少なく、難聴も約60%の方に出ますが、軽度の場合が多いです。
ミトコンドリア糖尿病 ビグアナイドなどは、糖尿病用の薬です。

 

ミトコンドリア糖尿病 まとめ

ミトコンドリア糖尿病は、ミトコンドリア病のくくりの中の一つであり、他の糖尿病と比べて治療方法などに違いはありません。しかし、ミトコンドリアの異常が起きていることには間違いがありませんので、三大合併症である「腎症」「神経障害」「網膜症」の他にも、ミトコンドリア病に関連する症状が出現する可能性はあり、進行も早いため早期発見・早期治療が重要です。
生活習慣の見直しや、風邪を引かないように体調管理を行うなどして、病状の悪化を誘発するようなことは避けましょう。

数値が気になったらまず対策!

↓↓↓

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について