糖尿病と喫煙の関係|おすすめの禁煙の方法!禁断症状に勝つ!

おすすめの禁煙方法と、禁断症状に打ち勝つ方法

禁煙

タバコを吸うと糖尿病にかかりやすくなる

タバコを吸う人は、タバコを吸わない人に比べて糖尿病にかかりやすいことが分かっています。しかも、BMIや運動、飲酒などの糖尿病に関係する生活習慣をきちんと調整していても、タバコを吸うことでリスクが1.4倍も上がるというデータがあるのです。
喫煙本数も関係していて、喫煙本数が多いほど糖尿病にかかりやすくなります。
禁煙することでそのリスクを下げることができます。

 

なぜ糖尿病にかかりやすくなるの?

なぜ喫煙をすると糖尿病にかかりやすくなるのでしょうか。それは、タバコに含まれるニコチンの「カテコラミン」というホルモンが血糖値を上昇させるからという意見や、喫煙によって交感神経が刺激され血糖が上昇するから、喫煙によってインスリンの働きが悪くなるからではないかという意見が挙げられています。

 

糖尿病患者がタバコを吸うと合併症のリスクが高まる

すでに糖尿病にかかっている人がタバコを吸うと治療が妨げられたり、合併症のリスクが高まることが報告されています。特に脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病腎症などにかかりやすくなります。最悪の場合、死亡してしまうこともあり得ます。
合併症のリスクが高まる原理としては、タバコを吸わない糖尿病患者に比べて、タバコを吸う糖尿病患者の方がインスリンがたくさん必要になるからです。

 

禁煙するとリスクが下がる

禁煙するときのデメリットとして体重増加が挙げられ、そのせいで血糖が上がってしまうことは確かです。しかし禁煙すると糖尿病のリスクは喫煙しているときに比べて下がります。また、体重増加による血糖値の上昇という問題よりも、禁煙したときの身体全体の調子が良くなることの方がメリットが大きいのです。
しかも禁煙することで、体重が増えたとしても心筋梗塞や脳卒中のリスクが半減すると言われています。

 

禁煙の方法

「禁煙外来」にかかる、禁煙の薬を使う、何かに頼らずに自力でやめる方法などがあります。
健康保険などが使える禁煙外来の治療者の範囲が増えたので、禁煙外来に通う人が増えているようです。
禁煙の薬には、飲むタイプや貼るタイプ、噛むタイプなどがあるので、自分に合ったタイプを見つけて続けていきましょう。
何も頼らずに自力でやめるには、なかなか根気がいると思います。
禁煙すると最初の3日間は禁断症状が強く現れますが、それも1ヶ月以内に消えます。
しかし吸いたい気持ちは10週間以上残ってしまうので、それに負けて禁煙に失敗する人が多いのが実情です。

 

禁煙の禁断症状に勝つ方法


禁断症状には、口寂しくなる、集中力が低下する、倦怠感や眠気、頭痛やめまい、咳やタンの増加、便秘、食欲旺盛になる、喪失感などが挙げられます。

  • 口寂しくなったときは、歯を磨いたりガムを噛む、水やお茶などを飲むことで紛らわしましょう。
  • 集中力が低下したときは深呼吸や軽いストレッチなどがオススメです。
  • 倦怠感や眠気が出たときは少しだけ昼寝をしたり、ストレッチなどで身体を動かしましょう。
  • 頭痛やめまいが起きた場合は水分を摂って安静にすることが大切です。
  • 咳やタンが増加したときは、うがいをしたり、水分を摂る、ノンシュガータイプののど飴を舐めましょう。
  • 便秘のときは食物繊維が多く含まれている食材を摂る、水分を摂る、ヨーグルトなどの乳酸菌を摂る、軽い運動をしましょう。
  • 食欲が増えたときは、こんにゃくや豆腐、春雨、野菜などの低カロリーなものを食べましょう。
  • 喪失感が出たときは、禁煙外来の先生に相談する、インターネットの禁煙支援サイトに参加する、などの対処法があります。

数値が気になったらまず対策!

↓↓↓

白井田七 効果 血糖値対策 ヘモグロビンa1c下げたい人におすすめのサプリメント

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について