糖尿病に関係するホルモンとは?糖尿病に関係するホルモンについて

糖尿病に関係するホルモンとは?

体の中で、血糖値を下げるホルモンは「インスリン」しかありませんが、血糖値を上げる作用のあるものやインスリンの働きを抑えるホルモンの方が多く存在しているのです。
それは、生きて行く上で血糖は必要不可欠なものだからです。

 

血糖値を上げる働きのあるホルモンが、何らかの原因により大量に分泌されれば、インスリンとのバランスを崩し、高血糖状態になり結果、糖尿病になってしまう場合があります。

 

それでは血糖値を上げる働きのあるホルモンには、何があるのでしょうか。
それぞれについて説明していきましょう。

 

グルカゴンとは?

グルカゴンはインスリンと同じ膵臓で作られています。
エネルギーを保管するためにブドウ糖がグリコーゲンという物質に変化し筋肉や肝臓に貯蔵されていますが、このグリコーゲンをブドウ糖に分解させ血糖値を上げる働きをします。

 

体の中で血糖値が下がって来るとグルカゴンが分泌され、結果血糖値が上がりますので、逆にグルカゴンの分泌を抑制すると血糖値が下がるということになります。

 

インスリン治療薬の中には、グルカゴンの抑制が目的の薬もあります。

 

また低血糖になり、経口からブドウ糖を摂取できない場合には、「グルカゴン」注射を行うとあっという間に低血糖の危険な状態を回避することが可能なホルモンでもあります。

 

アドレナリンとは?

アドレナリンは血流をコントロールするホルモンで、血圧を上昇させたり、心拍数を上げるなどして、いつでも狩りや戦いが行えるように作用します。
急なストレスを感じたりすると「心臓がバクバク」したり、「眼がチカチカ」するのは、アドレナリンが分泌された証拠です。
アドレナリンが分泌されると、「筋肉増強」「脂肪分解」「消化吸収の抑制」の他に「血糖値の上昇」があり、分泌量が多いと高血糖になる危険性があります。

 

コルチゾールとは?

コルチゾールとは、皮膚の炎症を抑える作用と低血糖に対して反応する副腎皮質ホルモンの一種で、「肝臓での炭水化物」「筋肉内のタンパク質」「脂肪組織内の脂肪」を糖へ変える役割を持っています。

 

そして、コルチゾールはインスリン抵抗性もあるため、過剰に分泌されると高血糖状態になる恐れがあります。

 

さらにコルチゾールは「ストレスホルモン」とも呼ばれ、ストレスがかかると通常の10~15倍分泌量が増えることも知られていますので、糖尿病と診断された方は食事や運動の他ストレスのコントロールも重要となってきます。

 

成長ホルモンとは?

 

成長ホルモンとは、子供が成長する際に活発に分泌され、身長が伸びることでも有名はホルモンで、年齢と共に分泌量は減少していきます。
そして成長ホルモンは身長だけに影響する訳ではなく、疲労やケガの回復にも重要な働きを持ち、血糖値が低下した時に分泌されるという特徴を持っています。

 

ですから、成長ホルモンが過剰に分泌されてしまう病気になった時には、当然血糖値も高くなり、糖尿病を発症するリスクも高くなるという訳です。

 

男性ホルモンにも影響する?

糖尿病になるとなぜか男性ホルモンである「テストステロン」が減少します。原因はまだ解明されていませんが、テストステロンが減少することで、性欲が減退し勃起機能が低下します。

 

糖尿病でED(勃起不全)が起きる直接的な原因は血管障害と神経障害によるものですが、テストステロンは、動脈の拡張にも関係しており陰茎の海綿体に血液が溜りにくくなる現象があることが、分かってきました。
EDが起きる前に、すでに性欲が低下しているということです。

 

まとめ

糖尿病と診断されると、イコールインスリンが不足していると思いがちですが、インスリン以外のホルモンも糖尿病には影響を与えているということがお分かり頂けたでしょうか。

 

糖尿病にならないための生活習慣の見直しも必要ですが、もし糖尿病になってしまった時には、食事や運動療法の他に、ストレスをためないなどの工夫も必要でしょう。

 

ストレス自体がホルモンのバランスを崩すということを念頭に入れておきましょう。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について