歯茎マッサージが血糖値を下げる!?歯と糖尿病の関係とは

歯の汚れが高血糖の原因に

糖尿病 歯茎
歯をしっかり磨いていても磨き残しによってバイ菌に変わってしまいます。このバイ菌は「バイオフィルム」と呼ばれ汚れの膜を作ります。
これらは虫歯や歯槽膿漏、歯周病の原因にもなりますが、実はインスリンの働きを妨げる悪い物質を出してしまうのです。
食事療法や運動療法を頑張っているのに血糖コントロールがうまくいかないという人は一度お口の健康を見直してみてはいかがでしょうか。

 

まずは歯医者さんに

すでに付いてしまった歯の汚れの膜を歯磨きで落とすのは難しいと考えられています。ですので検診も兼ねて歯医者さんでキレイに取り除いてもらいましょう。

 

普段からできる予防・対策

歯茎マッサージ

歯茎マッサージには3つのメリットがあります。1つ目はインスリンの働きを妨げる物質を予防できること、2つ目は汚れの膜を予防すること、3つ目は歯茎のツボを刺激することで体の代謝が良くなり、血行が良くなることです。
やり方は簡単。まずは歯磨きをした後にしっかり手を洗い、人差し指の腹の部分で唇の歯茎の境目をゆっくり撫でます。次に歯と歯茎の境目を優しく押し、くるくると回していきます。
このときティートゥリーやユーカリ、ローズマリー、ラベンダーといった殺菌作用のある、口腔内にも使用できる濃度のアロマオイルを使うと効果的ですし、リラックスもできますよ。

 

歯ブラシの後にデンタルフロスで磨く

歯ブラシのみで歯をピカピカに磨きあげるのは難しいと言われています。そして歯ブラシの後にデンタルフロスで磨くと歯垢の除去率が1.5倍になることも分かっています。
歯ブラシだけではなくデンタルフロスや歯間ブラシ、舌みがき、マウスウォッシュなどを使うようにすると良いですね。

 

マヌカハニーを使う

高い抗菌作用があり、様々な効果があると言われているマヌカハニー。実は虫歯や口内炎、歯周病、口内炎の予防や改善にも効果があるとされています。
はちみつは甘いからむしろ虫歯が出来るのではないかというイメージがありますよね。しかしマヌカハニーは虫歯が出来にくい糖分なのです。そして虫歯の原因となるミュータンス菌を抑えてくれます。
使い方は、まずマヌカハニーを歯や舌に塗り1分間そのまま飲み込まずに置きます。1分後全ての唾液を吐き出して30分何も口にしないようにするだけです。寝る前に習慣化するのがおすすめです。
マヌカハニーにはそれぞれレベルがありますが、UMF19.5+以上が望ましいでしょう。

 

重曹を使う

重曹でのうがいにより歯が白くなったり、口臭予防、歯石予防、歯槽膿漏予防などの効果があると言われています。これは重曹が水に溶けることにより口の中の酸を中和する働きがあるからです。
まずは500mlのペットボトルに水道水と食用の重曹ティースプーン1杯分を入れます。そしてよく振ってかき混ぜます。後は口の中に入れてクチュクチュと30秒ほどうがいをするだけです。

数値が気になったらまず対策!

↓↓↓

白井田七 効果 血糖値対策 ヘモグロビンa1c下げたい人におすすめのサプリメント

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について

%>