糖代謝ってなに?糖代謝異常とは?糖代謝異常と糖尿病の関係 

糖代謝とは?

健康な人間は、食事などで摂取した糖分がブドウ糖へと変わります。これが身体のエネルギー源になります。そして血液によって全身に運ばれていきます。
その際に余ったエネルギーは肝臓や筋肉などで貯蓄されていくのですが、ご飯を食べていない時間はそれらの貯蓄されたエネルギーが血液中に少しづつ送られ、血糖値が保たれています。
これらの働きを管理しているのがインスリンというホルモンなのです。そしてここまでの流れを糖代謝と呼びます。

 

糖代謝異常とは?

空腹時や食後の血糖値がかなり高くなってしまう状態のことを言います。インスリンの働きが悪くなることによって引き起こされます。ではインスリンの働きが悪くなる原因とは何なのでしょうか。次の項目でご紹介します。

 

糖代謝異常の原因

インスリン分泌不全

インスリンを分泌する膵臓の働きが悪くなり、インスリンの分泌が少なくなることを言います。

 

インスリン抵抗性

しっかりとインスリンが分泌されているのに、インスリンの働きを邪魔する物質が増えることで筋肉や肝臓の細胞に指令がいかなくなることを言います。原因としては肥満などが考えられます。

 

糖尿病との関係

糖代謝異常を放置し、身体の色んなところに不調が出ると糖尿病へと発展してしまいます。そのためにも早期発見、早期治療が大切なのです。
しかし糖代謝異常が起こっただけで必ずしも糖尿病に発展するという訳ではありません。軽度の糖代謝であれば、次の項目で説明するような対策で改善することが出来るのです。

 

糖代謝を促進する方法

食事に気をつける

食べ過ぎや間食を避けるのはもちろんのこと、食べる順番や内容についてもしっかり工夫しましょう。特に玄米や大豆、豚肉などに含まれるビタミンB1、レバーや納豆、うなぎなどに含まれるビタミンB2、アセロラやパセリ、いちごなどに含まれるビタミンC、そしてレバーや緑黄色野菜に含まれるクロムを摂取することで糖代謝がスムーズになります。おすすめの食品・成分はこちら

 

適度な運動をする

積極的に歩くようにしたり、スクワットなどを続ける習慣をつけましょう。ウォーキングをする時間が無ければ一駅手前で降りて歩いたり、エスカレーターではなく階段を使うだけでも違ってきますよ。おすすめの運動はこちら

 

睡眠時間を最低でも5時間以上確保する

睡眠時間が5時間未満の人は高血糖や肥満の度合いが高くなることが分かっています。早寝早起きを心がけ、睡眠時間を5時間以上確保するよう心がけましょう。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について