小児糖尿病のチェックリストと特徴について|子供糖尿病の注意点

小児糖尿病とは?

子供 糖尿病
その名の通り、子供が発症する糖尿病のことを言います。10代未満で糖尿病を発症する場合は1型糖尿病がほとんどです。1型糖尿病の特徴としては、自己免疫によってインスリンの分泌能力が低下する・もしくはゼロになることや、ウイルス感染が原因であること、インスリン療法が主な治療法であることなどが挙げられます。そして最近はコンビニエンスストアやファーストフード店の普及、食の欧米化、運動不足によって2型糖尿病になる子供も増えてきています。特に10代を過ぎるた子は2型糖尿病が多いそうです。

 

原因

一時期は1型も遺伝との関連性が高いと考えられていました。しかし最近では自己免疫を起こしやすい体質は遺伝するが、1型で親族に糖尿病がいる可能性が少ないことが分かっています。
この自己免疫を起こしやすい体質によってインスリンを作る細胞が壊されてしまいます。そして高血糖に繋がってしまうのです。
他に自己免疫疾患は膠原病や橋本病、バセドウ病、悪性貧血などがあります。
2型は前の項目にも書いたように食生活やライフスタイルの変化、運動不足、肥満も原因の一つとして考えられています。ただし2型糖尿病は遺伝との関連性も指摘されています。

 

症状のチェックリスト

当てはまるものが多いほど小児糖尿病の可能性が高くなります。
※あくまでも可能性です。正しい診断ではないので、あくまでも参考程度にしてしっかり病院で診てもらいましょう。

 

・やたらと喉が乾く
・トイレが近い
・尿の量が増えた
・食べているのに体重が減る
・全身がだるくなる
・おねしょをする
・できものがなかなか治らない
・家族に自己免疫疾患や糖尿病の人がいる
これらの症状を放っておき進行してしまうと食欲低下、昏睡状態にまで陥ってしまいます。最悪の場合は死に繋がることもあるのです。

 

治療方法

インスリン療法

1型はインスリン療法が基本となります。インスリン療法とは注射を用いて体内にインスリンを入れることです。インスリン注射にもいくつか種類があるので、生活習慣や症状によって医師と決定していきます。気を付けないといけないのは低血糖です。低血糖は手のふるえや急激な空腹感、眠気、吐き気、イライラ、頭痛、目がちらつく、冷や汗、めまいなどが起こります。更に進行すると意識喪失やけいれんにまで繋がってしまいます。
低血糖予防としてブドウ糖を持ち歩くなどの工夫が望ましいでしょう。

 

食事療法

1型はインスリン療法と平行して行いましょう。ご飯やパンなどの炭水化物を摂りすぎないこと、脂肪やたんぱく質の量を調節すること、食事回数を増やして一回の量を減らすことが大切です。
しかし2型と違って1型は肥満になりません。子供は成長期でもあるので必要な栄養素は摂取しましょう。
2型は食事のカロリーをしっかりコントロールしましょう。食べ過ぎを防ぐ、お菓子や糖質の量に注意する、食物繊維を摂るといったことが大切です。

 

運動療法

子供は動くことが好きですよね。食事療法はストレスになってしまうかもしれませんが、運動療法は取り入れやすいと思います。しかし1型の人の激しい運動は血糖コントロールに悪影響を及ぼしてしまいます。低血糖対策をしましょう。特にマラソンや水泳などをするときはインスリンの量を加減するなどの工夫が必要です。
2型は肥満の改善も込めて運動をしっかりしましょう。ただし薬物療法をしている場合は1型と同じように低血糖に注意しましょう。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について