アスパルテーム(人工甘味料)は危険?血糖値hba1cを下げるのか

アスパルテーム(人工甘味料)って、何?

アステルパームは、食品の中には存在しない甘味の成分を、人工的に合成したものをいい、アステルパームの他に、サッカリンやスクラロール・キシリトールという人工甘味料があります。
皆さんもこれらの甘味料の名前を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
アステルパームは砂糖の100~200倍の甘さを持つのに、分解も代謝も受けずに体外に排出されるという特徴から、ダイエットや糖尿病の方には魅力的な甘味料とされています。
甘さが100~200倍もあるため、使用する量はごくわずかとなりますので、普通に使用する分には急性中毒も慢性中毒も起きないといわれています。

 

人工甘味料と天然甘味料の違いとは?

自然界にあるかないかの違いです。

 

天然には存在しない食品で、甘さは砂糖の100倍以上あるのに、低カロリーもしくはノンカロリーであるため、お菓子・清涼飲料水・アルコール飲料の他、ダイエット食品にも多く使われています。

  • サッカリン(砂糖の200~500倍の甘さ)
  • アステルパーム(砂糖の100~200倍の甘さ)
  • ネオテーム(砂糖の7000~13000倍の甘さ)
  • アセスルファムカリウム(砂糖の130~200倍の甘さ)
  • スクラロール(砂糖の600倍の甘さ)
  • キシリトール(砂糖と同等程度の甘さ)

※キシリトールは製品によっては、天然甘味料の中に属する場合もある。

 

天然甘味料

食品中に含まれている甘味成分を取り出し作られたものや、蜂蜜など特殊な処理を行わないものがあります。

 

食品として取り扱われている砂糖・黒糖・三温糖・蜂蜜・メープルシロップ・水飴・ブドウ糖・果糖などが天然甘味料となります。

 

それ以外にはステビア・甘草・ソルビトールなどがあり、砂糖と比べるとかなりの甘さがありますが、虫歯にはなりにくいため、ダイエット食品やガム・歯磨き粉などに使われおり、天然素材のため、大量に摂取しなければ全く問題のない甘味料といえます。

 

アスパルテームの危険性とは?

食事をした後、通常であれば摂取したカロリーは熱(エネルギー)に変換されますが、アスパルテームは人工甘味料のため、熱に変換しないことから、エネルギー不足だと体が反応し、食欲が増進してしまいます。

 

食べている方も「人工甘味料はカロリーが無いから、たくさん食べても大丈夫」と心理的にも思ってしまうため、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

 

人工甘味料を摂取した後、血液中の血糖値は上昇しませんが、インスリンは分泌されますので、一時的に血糖値が下がります。

 

低血糖は生命の危険性がありますから、体は「空腹」という信号を送り、食欲がまた増進してしまうという現象が起きます。

 

また、今まで膵臓は騙されていましたから、今度は、本物の砂糖などを摂った時に、インスリンの分泌が少なく、高血糖になる恐れがあるのです。

 

まとめ

アステルパームの研究は多く発表されており、長期的であったり、多量摂取は肥満・抑うつ・失明・発がん性などの危険性があるようです。

 

少量であったり、一時的に使用する分には問題はなさそうですが(確証はありませんが)、可能であれば自然界にあるものを摂取し続けたいものです。

 

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について