糖尿病とコカコーラゼロ等の人工甘味料は大丈夫?血糖値・hba1c上がる?

人工甘味料・カロリーゼロはやっぱり危険??


ダイエット飲料として、コカコーラゼロなどのカロリーゼロ商品が増えています。しかしこれらには人工甘味料が多く使われているのです。
実際に米ワシントン大学医学部が、カロリーゼロ飲料を愛用しているBMIの平均が42以上の人たち(超肥満者)を対象に実験を行いました。
まずは水を飲んだ後にブドウ糖を摂ってもらい血糖値を測ります。
後日、スクラロース(人工甘味料)入りの飲料を飲んでからブドウ糖を摂ってもらい血糖値を測りました。
するとスクラロース入りの飲料を飲んだ後の方が血糖値が上昇したのです。なんとインスリンの分泌量は2倍にもなってしまいました
フランス国立保健医学研究所の調査でも、人工甘味料入りの炭酸飲料を飲んだ方が一般的な砂糖入り飲料を飲んだ方よりも2型の糖尿病リスクが15%〜59%上昇したことが分かったのです。http://diamond.jp

コカ・コーラゼロの甘味料はスクラロース、アセスルファムK

コカ・コーラゼロ
原材料名 : カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、カフェイン
種類 : 炭酸飲料  /エネルギー : 0kcal/100ml
※最終的に人工甘味料を摂取するかしないかはご自身の判断になります。

 

糖尿病患者の方や、ヘモグロビンa1c、血糖値が高い人は飲んでいいの?

当サイトでは、なるべくなら人工甘味料を使用している食べ物、飲み物は避けるべきではないかと考えます。
またスクラロースだけでなく人工甘味料として有名なアスパルテームも非常に危険といわれていますす。
アメリカで発売され衝撃を与えた話題作、書籍、
ジャネット・スター・ハル博士
ジャネット・スター・ハル スイート・ポイズン―本当は恐ろしい人工甘味料「アスパルテーム」の話
スイート・ポイズン―本当は恐ろしい人工甘味料「アスパルテーム」の話は日本でも販売されて話題になりました。
世界でもっとも有名な人工甘味料アスパルテームの有害性を告発した1冊でしょう。
人工甘味料は血糖値を下げたい、ヘモグロビンa1cを下げたいと思っている方はできるだけ意識して食べたり、飲んだりしないようにしましょう。
この他にも人工甘味料は色々とあります。甘みを欲しているから、カロリーゼロだから、といって、人工甘味料を口にするのは避けましょう。

 

糖尿病にはラカントがおすすめ

わざわざ身体の健康のためにカロリーゼロ飲料を飲んだのに、血糖値が上がってしまったら本末転倒ですよね。人工甘味料を使って無理矢理甘みを出すのであれば、ラカントを使って紅茶やコーヒーに混ぜた方が効果的だと言えます。ラカントの詳細はこちら
ラカントとはサラヤが出しているカロリーゼロの自然甘味料です。長寿の神果と言われている天然素材の「ラカンカ」の高純度エキスと、トウモロコシの発酵から得られる天然の甘味成分「エリスリトール」から作られています。
しかも砂糖と同じ甘さなので、通常のレシピ通りの量で料理につかえます。そしてコーヒーや紅茶などの飲み物に入れても美味しく飲めます。熱に強いので煮込み料理や焼き菓子にも問題なく使えますよ。
顆粒タイプは159グラムから1キロまであり、液体タイプも135グラムから280グラムまであります。そして角砂糖タイプもあるのです。それぞれ入れる物の温度や用途に合わせて使い分けると良いですね。
スーパーやドラッグストアー、公式通販などで発売していますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。
(※当サイトはコカ・コーラゼロを飲むか飲まないかは読者ご自身のご判断におまかせしています。飲まないことを推奨しているものではありません。人工甘味料についての懸念がある場合は医師の判断に従いましょう。)

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる食べ物とは?

食事で下げる

数値対策!「超」売れているサプリメントを徹底紹介

サプリで下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c値を下げる有効な運動方法は?

運動で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる飲み物とは?

飲み物で下げる

血糖値・ヘモグロビンa1c 数値 糖尿病の診断基準

診断基準

血糖値 ヘモグロビンa1c 糖尿病 知識

糖尿病について