血糖値とストレスの関係!アロマで解消?トリートメントと禁忌のオイル 

糖尿病とストレス

日々生活している中でストレスはつきものです。しかしストレスによって様々な弊害もあります。ストレスが重なることで身体も心も疲れてしまい、自律神経の乱れや内分泌機能に異常が起こります。それにより糖代謝もスムーズではなくなり、血糖値が上がってしまうのです。
またストレスによって食べ過ぎや飲み過ぎの生活が続くと内臓脂肪が溜まっていき、インスリン抵抗性の状態へと陥ってしまいます。
そのため血糖値を下げるにはストレスをうまく解消させることが大切なのです。

 

アロマテラピー(アロマセラピー)の効果

アロマには様々な効果があると言われています。ストレス解消だけではなく、不眠や不安感の改善、集中力アップ、風邪やインフルエンザの予防、便秘の改善、花粉症の症状の改善、スキンケアやヘアケア、ダイエットやホルモンバランスを整える効果などなど他にもたくさんあります。
そもそもアロマテラピーとは精油を用いた自然療法のことです。人間のもともと持っている自然治癒力を高め、体質改善や病気の予防などに効果を発揮すると考えられています。
現在は美容業会や医療現場、スポーツ、リラクゼーションの場所で用いられています。

 

ストレスや高血糖(糖尿病)に効果のあるアロマ

ラベンダーやベルガモット、ネロリ、ローマンカモミール、ゼラニウム、マンダリンなどはリラックス効果があります。
その中でもラベンダーとゼラニウムは膵臓の働きに良いとされているので、特におすすめです。
ダイエットにおすすめなのはグレープフルーツ、サイプレス、ローズマリーカンファーがあります。

 

アロマの楽しみ方

芳香浴

アロマディフューザーなどを使って部屋に香りの成分を広げていく方法です。アロマディフューザーがない場合はマグカップにお湯を入れて、そこにアロマオイル(エッセンシャルオイル)を垂らすという方法もあります。

 

沐浴

精油を天然塩などに混ぜてお風呂に入れる方法です。お風呂自体にもリラックス効果があるので、なるべくシャワーだけで済まさずに湯船に浸かるようにしましょう。
特に少しぬるめのお湯にゆっくり浸かることで副交感神経が働き、更にリラックス状態へと導いてくれます。

 

トリートメント

マッサージオイルとアロマオイルを混ぜて身体をマッサージする方法です。自分でやるのもいいですし、夫婦や家族で背中に塗り合うのもいいですよ。
本格的にリラックスしたい人はエステサロンやマッサージ屋さんで施術してもらう方法もあります。

 

糖尿病の人には禁忌!注意すべきアロマオイル

アロマには「アンジェリカ(アンゼリカ)」というオイルがあります。スパイシーな香りで疲労回復や自律神経の調整などにも効果があるのですが、刺激が強いため糖尿病の人は避けた方がいいと言われています。

 

アロマオイルの選び方、買い方

アロマオイルを選ぶときは100%天然の精油が入っているものにしましょう。近年はアロマブームから100円ショップなどでも売られていることがあるのですが、加工されていて本物のアロマオイルではないものも増えてきました。
見分け方は植物の名前や精油の抽出部分、山地、含有成分が明記されているかどうかです。特に無農薬栽培のものだと良いですね。
「生活の木」はアロマオイル関係で有名なお店です。無印良品にもアロマオイルがたくさん売っていますよ。お店やメーカーによって、同じオイルでも香りや値段が違うのでぜひ自分に合ったものを選んでみてくださいね。

数値対策におすすめ!

これはよかった!と思う人気サプリ《3選》はこちら